関谷正徳からファンの皆様へ

皆様、お元気でお過ごしでしょうか。2020年も半年が過ぎようとしている中、新型コロナウィルスという見えない敵との戦いにより、世界中が大変なことになってしまい、ありとあらゆるイベントが開催できなくなってしまいました。

当然のごとく、世界中のモータースポーツが中止や延期に追い込まれ、私どもの開催においても中々道しるべが見当たらない状況におりましたが、緊急事態宣言も解除され、日本の経済もこれから先の未来に向けてアクションを起こさねばならない時期を迎えていることから、”絶対に感染者を出さない“を必須条件として、今、できうる限りの対策を講じながら、第一大会を開催することを決めました。

7月4日(土)に、インタープロトシリーズ第一大会、KYOJO CUP第1戦を富士スピードウェイにて“1Dayレース”に変更し、“無観客レース”として開催させていただきたいと思います。

今回の開催は、あくまでも安心できる状況へと感染が終息に向かい、各自治体や関係組織の開催条件に即している事を前提としています。今後の感染状況によりましては、この日程を「再延期」する可能性もありますことをご理解いただきますようお願い申し上げます。

尚、今回は「無観客レース」です。非常に残念ではありますが、関係者以外の富士スピードウェイへの入場はできません。

レースの模様はYouTube Inter Proto Series x KYOJO CUP CHANNELにてLIVE配信でお届けいたしますので、是非、動画配信を通して熱い声援をお願いいたします。

このレースが無事に開催できましたら、その後に続く日本のモータースポーツのレース開催に大きな希望の光がさしてきます。その為にもご理解とご協力をいただきますとともに、終息に向かう為の日々の感染防止対策の取り組みを怠らないようお願いいたします。

関谷正徳